<< 個性 らいぶ! >>
へいといん
DARKER THAN BLACK を見てます。というか、黒の契約者は見終わった。

どんな話か簡単に言うと、 契約者と言われる超能力者がいて、
その契約者は感情がなく合理的な人間のようなものして扱われています。
ある組織に属している主人公が任務を遂行しながら
人間や他の契約者、ドールと呼ばれる人形のようなな人間と関わりながら
物語は進んでいきます。

普通の人間と能力をもった契約者の関わりが毎回行われ、
テーマとしては、はたして残酷なのはどっちなのかみたいな話に感じる。

もし、自分がなにか他の人にはできない力を手に入れたらどうなるだろう。
きっと、人はビジネスチャンスだと言わんばかりに飛びついてきて、
ものすごいお金や権力を手に入れることだろう。そして、利用価値がなくなったら
ぽいっと捨てられてしまうに違いない。

そんな人間をたくさん見たら 自分だったらうんざりして感情が表に出なくなるのは
当然ではないだろうか。

だとしたら、本当に残酷なのは人間なのではないか。 そんなことを考えさせられたとても
いい作品だった。

基本は2話完結で進んでいく話であるが、中にはとても情に訴えるいい話もたくさんあり
楽しめた。 決して派手な作品ではないが自分はこういう作品が好きなんだと改めて感じた。
[PR]
by cradle_giraffe | 2010-03-10 12:46 | Melmac
<< 個性 らいぶ! >>