<< ニュースの時間です 朝  >>
POPS
最近はポップスの定義がめちゃくちゃになっている。

ポップ・ミュージックはしばしば大手レコード会社による大衆を対象としたマーケティングと消費者中心主義の作品づくりに巻き込まれており、
ポップ・ミュージックは時として他のミュージシャンから軽蔑されるジャンルになる原因となる。 by wikipedia


とのことだ。 だとしたら、マーケティングの結果が音楽に反映されることになる。

過去のこんな曲が好き → こういう曲を作れば 売れる ← パクリ

つまり、ポップスというのは初めから新しいものを生み出す勇気ではなく、

聞く人の為に作られた最高の音楽ということになる。

じゃあ 最高の音楽ってなんなのさ ということなのだ。

自分が好き勝手に奏でる音楽を好きになってほしい。 これは聞き手にとってポップスではない。

けれども、奏でる人間の中では確実にポップミュージックなのである。


ポップミュージックは常に人の心にある。



最近のしっかりとマーケティングされていい音楽だと思うのは、

YUI Flumpool いきものがかり などです。

やっぱり聞くと落ち着きますね。


ただ、驚きを作りたいね。 うちのバンドでは   おぉぉおおおお 


でも聞きやすく。 これが 絶妙に、難しいところ。。。。
[PR]
by cradle_giraffe | 2009-12-25 12:48 | Melmac
<< ニュースの時間です 朝  >>